金沢の地で創業100余年  信頼と安心のTENNIS PRO SHOP

ガット張り職人のいるお店です。テニス用品と陸上用品を豊富に取り揃えております!

0000007493.png

TOP ≫ 【陸上】 スパイク・シューズ

自分に合ったスパイクやシューズの選び方

トラック
陸上を初められたばかりの方は、まずはトレーニングシューズ(アップシューズ)が1足あれば問題ありません。トレーニングシューズはある程度の底の厚みがあるクッション性の高いモノを選ぶと怪我の予防に効果が期待出来ます。

はじめてのスパイクシューズ

スパイク
自分の種目が決まっていないうちから、種目別の専用スパイクを買ってはいけません。

全種目対応(短~長距離、ハードル、跳躍)のオールラウンド用スパイクを選ぶことをオススメします。

また、オールウェザー(全天候トラック)と、アンツーカー(土のトラック)用に別々にスパイクを買うことはせず、オールウェザー/アンツーカー兼用のスパイクがありますので、最初はその1足を準備するのが良いでしょう。

スパイクピンの特徴と違い

スパイクピン
※上記の表は標準の目安としてお考え下さい。大会や競技場の規定としてスパイクピンの長さが制限されている場合がありますのでご注意下さい。


■スパイクのピンは使うトラックや種目に応じて選びます。

オールウエザー用の特徴
トラックが硬く、よく弾むので、ピンが刺さりすぎて引っ掛からないよう先端が平らになっています。

アンツーカー用の特徴
土トラックなので柔らかくクッション性があるため、地面に深くグリップさせるようピンの先端が尖っています。

アタッチメントを付ける場合
オールウエザートラックでもチップ入りのトラックの場合と、アンツーカートラックの場合はピンに加えてアタッチメントを装着します。
アタッチメントを付けることでスパイクのグラつきを防ぐ効果が得られます。
0000007390.png

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

シューズの試し履きと確認事項

まずは足長に合わせて自分の思うサイズを履いてみて下さい。

両足共履いて頂き、踵とシューズがピッタリ合うようにして下さい。

次に立ち上がり、足裏全体に体重が掛かるよう正面を向きます。

 この状態で…
 ◆ 一般スポーツシューズの場合(ランニングとテニスが該当)
   つま先とシューズ内側との間に8mm~10mmのゆとりが理想です。

 ◆ スパイク類の場合(陸上スパイクが該当)
   つま先とシューズ内側との間に4mm~5mmのゆとりが理想です。

  このゆとりがあるサイズをまずは選んで下さい

そのサイズが自分の足幅や甲と合っているかどうかを確認します

  窮屈な部分がある場合は一つ上のサイズを履いてみます。
  大き過ぎると思ったら、もう一度元のサイズを履いてみて下さい。

  基本的には、足のパーツの大きい部分に合わせる事をお勧めします
  この流れで落としどころのサイズを見つけて下さい

片側の足に特に体重を乗せた状態で軽く屈伸をしてみて下さい。

  両足共確認が必要です。
  違和感などなければこれで決まりです。

※使用されている素材やデザインにより、サイズは同じでも着用感は異なりますのでご注意下さい。
※また、履いているうちに少しだけ馴染みが出てきますが馴染みの度合いも素材やデザイン、また使用感によっても異なります。サイズ選びの際は十分ご注意下さい。

靴紐の通し方

靴ひもの通し方は大分類で2種類あります(※該当しない物もあります)

【オーバーラップ】 穴の上から下へひもを通す
特徴: 緩みにくい。レース向き。
推奨競技: 陸上短距離、バスケ、バレー、サッカー

【アンダーラップ】 穴の下から上へひもを通す
特徴: 多少のあそびができて、適度に馴染む
推奨競技: マラソン、テニス
レース後半に足がむくんで痛くなる人や甲高、幅広の足の人に向き。

※一番最後の穴は、下から上へ通して下さい、ホールド性がアップします。








〒921-8013
 石川県金沢市新神田4丁目5番24号

【営業時間】10:00~20:00(祝日~19:00)
【定 休 日】日曜日


モバイルサイト

NSPニシナガスポーツモバイルサイトQRコード

NSPニシナガスポーツモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • 張人

- 取り扱いメーカー -

メーカーロゴ ▲トップへ